top of page

野ばら社 × 真映社コラボ企画

『昭和レトロな手描きスタンプを作ろう!』


【内容】

紙に描いたオリジナルのイラストを、3cm×3cmまたは、5cm×5cmの樹脂版スタンプにします。当日は10×10cmの枠(野ばら社の昭和レトロなイラスト付き、もしくは無地)の中に、自由にイラストや文字を描いていただきます。


イメージ動画↓




枠の種類はこちら↓







【開催日】3月16日(土)、17日(日)

【定員】各回2名さままで

【参加費】3cm×3cmサイズ 800円

     5cm×5cmサイズ 1,500円

【持ち物】なし

【注意事項】キャラクターの絵やブランドロゴ、もしくはそれらをまねて描いたものは、肖像権、著作権、商標権を侵害するおそれがあるため、お受けすることはできません。

【参加方法】当日ブースにて受け付けます。


皆様のご参加をお待ちしております!


✨去年の作品✨






閲覧数:129回0件のコメント

更新日:2月11日

「箔押しでオリジナルグッズを作ってみたいけど、自分でできるはずがない!」

「機材を揃えるのも大変そう」と思っていませんか?


なんと、自分の手描き文字やイラストをそのまま箔押しできるグッズがあるんです..!


それがこちら↓


We R Memory Keepers

「フォイルキルフリースタイルスターターキット マルチ」


We R Memory Keepers   「フォイルキルフリースタイルスターターキット マルチ」

▼amazonで購入




転写箔とこのペンがあれば、いろんなものに箔押しできちゃうんです!



ペン先は太さが異なる3種類「細字」「中字」「太字」があります。

We R Memory Keepers   「フォイルキルフリースタイルスターターキット マルチ」


電源につなげると、このように持ち手が光り、ペン先が熱くなります

※火傷に注意して下さい※


We R Memory Keepers   「フォイルキルフリースタイルスターターキット マルチ」


使い方はこんな感じです↓


手描きで箔押しする

紙の上に転写箔をマスキングテープで固定して、高温のペンで文字やイラストを描くだけ!


転写箔を剥がすと・・・


手描き箔押し

手描き文字がそのまま、箔押しされています。



細字、中字、太字で、描き比べてみました


手描き箔押し

細字と中字は、簡単に転写できましたが、

太字だけはコツが必要でした。


太字は「ゆっくり丁寧に書く」とうまく箔押しできます!


紙だけなく、いろんなものにも試してみました!!


【コルクのコースター】


コルクに箔押し


【ノートの表紙】

ノートに箔押し

【メガネケース】

メガネケースに箔押し



【桐箱】

木箱に箔押し


あっという間に、金箔オリジナルグッズができました〜!

いろんなものに手描き箔押し


動画でもご覧頂けます↓




箔押し専用ペンを調べてみたら、日本製のものもあるようです。

▼メタリックデコペン














凸版屋なのですが、凸版がいらない箔押し方法を見つけてしまいました(⌒-⌒; )


これからも、凸版にとどまらず

印刷を楽しむ方法を色々探っていきます!


閲覧数:173回0件のコメント

今回は「ダイカットマシン」と「エンボスヒーター」を使った箔押しの方法をご紹介します。


使用する版はこちら↓



亜鉛版1.5mmをアクリル板に貼り付けて、

エンボスヒーターで1分程、亜鉛版全体を温めます。

※火傷や火災に注意して下さい。燃えやすいものは近くに置かないようにしましょう※



紙の上に金箔と版をのせ、ダイカットマシンでくるくる〜



こんなにきれいに箔押しができました〜!




動画でもご覧頂けます↓



【使用したもの】































閲覧数:128回0件のコメント
bottom of page