​凸版の種類と特徴
​ー版の名前の下には、厚さと単価(1㎠の金額)について記していますー
銅版1ミリ厚
IMG_1532.jpg

銅版と亜鉛版は耐久性があり、刷り上がりがシャープです

​銅版は熱が伝わりやすく、箔押しにも向いています

樹脂版.jpg
硬質樹脂版.jpg

樹脂版DHは、一般的な印刷に向いています

​CHの方が強く押せるので、活版初心者におすすめ​です

​KF152
KF152.jpg

​厚さ1.5mm

レザーの刻印にも向いています

スタンプ用.jpg

​ダンボールの印刷などに適しています

台木をつければスタンプに

​なります

KM95_edited.jpg
​KM152
KM_edited.jpg

​土台がスチールで、凸部は樹脂でできています

​KM95は厚さ1mm、KM152は厚さ1.5mmです

版の種類と単価(1㎠の金額)を​まとめました

注文できる最小面積は100㎠です

​版の見積もり方法

単価×版の面積

上下左右に5mmの余白を足した面積で計算して下さい

​版の料金の計算方法

硬質樹脂版で名刺サイズの版の場合…

16(円)×100(㎠)=1600

​いろんな樹脂版を試したい方へ

文字のサイズ、線の太さを比べるための版を販売しています

入稿前に、樹脂版を触って刷り具合を確かめたい方におすすめです