top of page

レタープレスをもっと手軽に


レタープレスをもっと手軽に

古い機械たちの味わいにはかないませんが 卓上のダイカットマシン(型抜き機)で 手軽にレタープレスが楽しめます

印刷術を発明したグーテンベルグは ぶどう絞り機の圧で印刷していました 21世紀、紙や布、皮も抜くダイカットマシンの強い圧を レタープレスに生かしはじめられています グーテンベルグは聖書を印刷しました 僧侶たちだけの聖書が誰でも読めるようになり 宗教革命へとつながりました

活版印刷での発信が 誰でもできるようになることは すそ野に広がりが出ることです そして、山はより高くなります

活版インキでなく、スタンプインキでも いったんローラーに付けて版の上を転がすことで キレイに印刷できることがわかりました

使った樹脂版は1ミリ厚です sidekickという小型のダイカットマシンは 今月(7月)中旬に白とグレーの落ち着いた色になり 発売される予定です 紙は竹尾さんのWALDです イタリア製です

印刷所に頼まないとできなかった印刷が 自分でできるということの利点は いろいろ「試せる」ということです 色を替えたり、圧を替えたり・・・

そうして、自分の予測を超えたものが 生まれてくる場に立ち会えます 自分が支配する世界でなく 生まれてくるものを受け入れる世界の 住人になれること これがなによりの醍醐味です

スタンプインキでの印刷

インクをつけない空押し

使用した道具です


閲覧数:400回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2022年11月6日 お客様各位 東京都千代田区神田錦町1-13-1 株式会社真映社 代表取締役 角田京子 樹脂版「スタンプ用」生産終了のお知らせ 拝啓 時下益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。 さて、長年に渡りご愛顧を賜りました「スタンプ用」の樹脂版につきまして、製造元より生産終了の案内がありましたので、取り急ぎ、お客様にご案内申し上げます。 つ