top of page

かっぱネットかくた スタート 目指せ100万ビュー(デッケー) とりあえず100(チッチャー) マイナーなカッパン業界がメジャーになるかの試金石ぞよ (誰だ 出身どこ)

拡散希望

なお 動画制作は「真映社ゆうちゅう部」です こちらも仕事 承っています


閲覧数:100回0件のコメント

カンタンエンボスの新技

スタンプでなく またエンボスの話になります

絵柄を刷って それにエンボスをかけるという 方法がありますが かえってエンボスをかけたのが わかりにくくなります

今回はエンボスの廻りに色を刷って  エンボスを引き立てる方法を紹介します

最初にスミをプリンターで印刷します

絵柄に合わせてエンボスします

黒が漆(うるし)のように見えますね

エンボスは 傾けて影ができて 画像が浮き上がる というのが醍醐味ですね だから 絵柄を刷って それエンボスをかけるのは ちょっともったいないように思います


閲覧数:105回0件のコメント

ビッグショットには清楚なお姉さんがいた

ローラープレス機(クルクルマシン)として定評のある BigShotにA4サイズまでできる機種が登場しました

その名は BigShot PLUS です

従来の機種のキャピキャピさがなくて  これなら事務所にも置けますね ただ 畳めない  印圧の調整ができない という欠点もありますが その分 安定性はあるともいえます

アクリル板も付属していますので エンボス等は 版さえ作ればカンタンにできます A4サイズの紙に エンボスできるということです A4 三つ折りの招待状なんかもカンタン

活版インキとローラーを用意すれば レタープレスも可能です

これからのクルクルマシンの主流になる予感がします

写真 黒いのが従来のビッグショット 白とグレーのが ビッグショットプラス

挟む板は3ミリ厚のアクリル板が2枚付属

この機械は 紙や布、そして皮までも打ち抜いてしまうダイカットマシンです 面で押すプレス機と違い 喩えれば 大根やキャベツの線切りのように 線で押すので 小型ですが大きな圧がかかります 面圧 線圧の違いです 5年ほど前から「レタープレスコンボキット」が国内販売が開始され レタープレス機としても認知されるようになりました ただ 専用のプラットフォームが必要で 真映社でも スチールベース用のマグネットシートを貼った「レタープレスの、テッパン」を作りました 効率よく早く刷れる「印刷機」に近づこうとしていたのかもしれません 最近 スポンジで版を浮かして固定する方法で 印刷から「版画」に重心を移した感があります 


閲覧数:840回0件のコメント
bottom of page